リアハブ到着

  • 2008.02.20 Wednesday
  • 00:28
『リアハブ到着』はこちらから。

シリーズ・ホイールを組む(フロント編)#4

  • 2007.12.15 Saturday
  • 20:41
【振れ取り】

まず仮組みをして、組み間違いがないことを確認する。
その後、ニップルをそろりそろりと締めていくが、
どれだけ締めたらいいのかの勘所がないので、
すべてのニップルを1/4回転ずつ締めていく。
そろり過ぎてなかなか時間がかかる。

スポークに張りがでてきたところで、振れ取り台にセットする。
全体的に少しずつ締めてきた為か、それほど振れていない。
ニップルを少し締めてはホイールを回して振れをチェックする。
地道な作業がつづく。

いよいよ微調整という段階になってくると、どのニップルを
どれだけ回したらいいのかわからなくなってきた。
『ニップルは、云々、、、締めるだけで緩めてはいけない』
ということばに縛られ、おいそれとニップルを回せない。

そうこうするうちに行き着いた方法は『音』だった。
絶対音感はないけど、ふたつの音の高低ならわかる。
組み位置が同じスポークの同じ場所をはじいたときの
音の高低で張りの強弱を判断する。
だいたいの音程がそろったところで振れ取り台で
チェックしてみると、それほど振れていない。

次はセンター出しなのだけど、前輪なので『きちんと
センターがでていることを確認』だけだと思ってたら、
センタ−ゲージをあててみてビックリ。
4-5mmずれている。。。
片側のニップルを全部均等に締めてセンター調整する。
センターがあってきたら今度は振れだした。
再び振れ取り。
そしてセンター調整。
さらに振れ取り。
。。。と作業はつづくのであった。

Mavic XC 717 の継ぎ目

  • 2007.12.11 Tuesday
  • 01:09
ちょっとばかり気になっていたリム Mavic XC 717の継ぎ目。

Mavic XC 717

それだけ。

シリーズ・ホイールを組む(フロント編)#3

  • 2007.12.08 Saturday
  • 19:21
【ニップル失踪事件】
スポークにニップルをネジ止めするときにリムの空洞部分に
ニップルを落としてしまった(赤矢印のところ)。

Rim XC 717

落としてすぐは、カラカラと音がしていたのだけど、そのうち
だんまりになってしまった。アルミニップルで柔らかいせいか、
どっかに挟まりこんでしまったようだ。リムを振っても叩いても
ウンともスンともいわない。予備に持っていたワイヤーの球の
方をいれてさらってみたが、これもウンともスンともいわない。

、、、あきらめた。
たぶん、いまでも中に入っているはず。

【後日談】
1.25のタイヤにしたとき、空気圧をパンパンにしてドリブルしたら
カラカラ音がした。やっぱり、入ってるんだ。

シリーズ・ホイールを組む(フロント編)#2

  • 2007.12.07 Friday
  • 00:08
スポーク長の計算のために

有効リム系:536.1mm
・ホイール外径:571.0mm
・ホイール外周〜ニップル穴(外周側):17.45mm
・ホイール外周〜ニップル穴(内周側):21.07mm

ロックナット間:100mm
ロックナット〜フランジ間(左右同じ):13mm
スポーク穴ピッチ径:40mm
フランジ〜センター間(左右同じ):37.0mm

ハブスポーク穴径(未測定・データなし):2.5mm

ニップル頭の厚み:2.5mm

これらの値を元にネット上にいくつかあるスポーク長計算ページの
計算結果から263mmを選択。